血圧計とコンディションが良い男性

当サイトでは血圧に関する情報(高血圧治療薬・血圧の測り方など)をご紹介します。体調を左右する血圧のコンディションは常に気遣って生活することが大切です。きちんと毎日の血圧測定をして、自分にあった降圧剤を利用することを推奨します。

高血圧だと麻酔の際にリスクがあったり心臓に負担が

手術を受ける時には、麻酔を使う必要がある場合がほとんどです。
高血圧の人が手術を受ける時、血圧の高さの程度がひどい場合などには麻酔をかけた影響などによる手術中や手術後のリスクが高まるので、降圧治療を行ってから手術を受けることをすすめられる場合があります。
麻酔は多くの場合、かけることで血管が拡張され血圧が下がる作用を体にもたらすので、異常に高血圧の人だと、麻酔をかけたことによって血圧が元の値に比べて大きく下がってしまい、それにより体内の臓器へ血液が行き渡らなくなるという危険があり、脳や心臓に障害が出る怖れも想定されます。
また、麻酔をかけて手術を行い、終わってから麻酔の血管拡張効果が切れた時にも、血管の柔軟性が保たれている人ならほぼ問題が無いのに対して、動脈硬化が進んでいる人の場合は血圧が急激に上がることにより、脳出血やくも膜下出血、心臓での心不全といった危険が起こる場合があります。
このように、高血圧の状態が長く続いていると手術を受ける必要がある時に様々な危険がありますし、普段の生活の中でも全身に血液を送り出す時に心臓に強い力が必要となって心肥大が起こり、それが心機能の低下や心不全を起こすことにもつながるのでとても心配です。
心不全は心臓の働きが低下することにより体が不健全になっている状態を指し、軽度なら疲れやすさや息切れなどの症状が出ますが、過労やストレスなどによって急激に症状が悪化すると急性心不全となり、突然亡くなってしまう原因となることもあります。
心臓の病気によって突然死するなどという悲しい事態に陥らないためにも、降圧薬の服用や生活習慣の改善などにより高血圧を改善し、健康を保ちましょう。